初めての宅配買い取り

先日部屋の模様替えをした際に、ついでに不用品も処分しようと思い、使っていないブランド品や洋服等を買い取ってもらう事にしました。

家族全員の洋服を整理したので、家の中が整理整頓されて気持ちもスッキリしました。

不用品になった物の中にはいくつかブランド品もありましたが、ノーブランドもあったので
ネットで色々と調べて、ブランド品以外でも買い取ってくれるお店をやっと見つけることが出来たので、早速連絡して宅配の買い取りをお願いしました。

ブランド品をネット買取業者に買取してもらうメリットのひとつに「自宅にいながら簡単に買取できる」という点が挙げられます。従来ならブランド品を店舗まで持ち込まなくてはなりませんでしたが、貴重品を持ったまま移動するのは気が引けますし、数が多いと大変です。また、仕事などであまり時間をかけられない方も大勢いるでしょう。ネット買取業者を利用すればインターネット上から申し込みができ、簡単に査定・買取・入金まで行えます。基本的には自宅から出る必要は全くありません。
参考:ブランド品買取人気ランキング/ブランド品を売るメリットは?

査定依頼した洋服の殆どは状態は綺麗なものの、デザイン的には古い物ばかりだったので、正直一円にもならないのではないかと全く期待していませんでしたが、査定結果のメールを見ると、思った以上の金額をつけてくれたのでとても嬉しかったです。

初めて宅配買い取りを経験しましたが、不用品を処分するには最適な方法だと感じたので、また機会があればぜひ利用したいと思います。

ブランドのコート

以前、夫が5年以上前に購入した某ブランドのコートを古着屋で買取してもらいました。

このブランドは割と高級なものでしたが、購入したのが結構前であることや着用頻度が多かったことから、質屋に頼っても買い取ってもらえないと考えたのです。

しかも、ボタンが一部、取れてしまっていました。
私は、そのコートで使われている糸と似た色の糸を買ってきて、スペアのボタンをつけました。
これには、数ミリともズレないように気をつけたものです。また、糸の絡め方などももともと付けられているボタンを何度も見ながら真似ました。
一度付けてしまうと、外したときに布に穴が開いてしまいます。失敗は許されませんでした。

そして、そのコートを持って古着屋へ向かいました。

そのコートは5万円弱で買ったものだったのですが、3千円での買取となりました。これが高いか安いかは分かりません。ただ、古い型であること、着用感があること、クリーニングに出していないこと、スペアのボタンを使ってしまっていることなど減額される要素はたくさんあったので、とりあえず納得しました。

引越しの際に不要品の買い取りをしました。

引越しの際に不要品の買い取りをしてもらいました。
私が不要品を持ち込んだお店では電化製品は販売から3年以内のもの出なければ買い取ってもらえないようで、結局持ち帰ることになってしまいましたが、ゲーム機器やゲームソフトの買い取りはしてもらうことができました。

他に母が置いていった食器類が大量にあったので、それも持ち込みました。
しかし、きちんと箱に入れて保管していたのにも関わらず買い取ってもらうことができませんでした。

少しでも開けたような形跡が見られる場合には買い取ることができないと言われました。

一度も使用したことのない食器たちで、おしゃれなものも多かったので高値で売れると勝手に舞い上がっていたこともあり、とてもショックでした。
しかし、とても古い電子辞書を高値で買い取っていただきました。

査定の仕方は分かりませんが思わぬものが高値で売れて、期待していたものが全く売れなかったので不要品があれば自己判断をせずに一度お店に持って行った方が良いと思いました。

買い取り体験

給料までにちょっと足りない、そんな時に便利なのが近所にある某コミックやゲームの買い取り店。

2店舗あるのだけれども、仮にA店、B店、としよう。
A店はTVCMをガンガン流し、コンビニで売っている一冊500円前後のコミックも買い取ってくれる。小銭が足らない時に重宝している。

B店はコンビニ売りのコミックの買い取りはやらないけれど、ゲームソフトやゲーム機本体の買い取り価格がA店よりも高く、満足出来る店だ。

最初はその違いがなかなか判らずにA店にゲーム機本体やゲームソフトを持ち込み、予想よりも低い査定価格を提示され、仕方なく了承していたけれど、ある日の事。

あるゲーム機本体をA店に持ち込んだところ、前もって確認していた金額よりも低く提示され、キズがあるのでまた下がる、と言われた。

けれど、中古で購入した、とは言えキズを付けた覚えもなく、中古で買った時もキズなどなかった事を確認しているのだ。

違和感を感じ、その日は断り、後日に同じA店に出向き、同じゲーム機本体を査定してもらったところ、前もって調べておいた価格どおりの金額で、キズに関しても何も言われはしなかった。

違いは、査定を担当した人物だけ。

その経験から、A店にはコンビニ売りのコミックだけを持ち込もう、と決め、ゲーム系の買い取りにはB店を使う、と決めた。
これからも、そうするだろう。

不用品の買取りについて

最初はいいなあと思って買ったものでも使っているうちに飽きてしまうこともあります。

使わなくなったものを家の中に置いておいても場所をとるだけです。
リサイクルショップで買い取ってもらえそうなものならば早めに売ったほうが家の中がスッキリとするし臨時収入を手に入れることができます。

今までにリサイクルショップで売ったことがあるものは本とCDです。
読みたいと思って買った本でも何度も読むと本棚に入れたままになります。読まなくなった本を入れておくと新しく買った本が入らなくなってしまいます。
BOOKOFFなど本を買い取ってくれるところに持っていきます。

査定金額は予想よりも低いことが多いですが買い取ってくれるだけありがたいと思うようにしています。

CDは1年間聞かなくなったら売りに出します。
持っている人が多いアーティストのCDなので買い取り価格は100円以下ということもあります。

お金を節約するためにずっと持っていたいと思うようなCDではない時には買わないようにしています。

リサイクルショップの買取の裏事情

私は中古の商品の値段相場などを調べるのが趣味なのですが、ある日とある知り合いからすごい噂を聞いたのです。

それは地元にあるそこそこ大きなリサイクルショップなのですが、そこの買取方針が私が思っていたものとまったく違うのです。

まず買取費用は毎日上限が決まっているのでお店がオープンしたときと閉店間際では買取値段が変わるというのです。

流石にそれは売る側としては残念すぎるのですが、買う側としてはなるほどです。

それと買取相場は専門のスタッフがいるわけではなく、アマゾンなどの大手ネットショップの価格を参考に金額を決めているみたいなのです。

流石に参考にするのはわかりますが、もっと専門の人がいてくれたほうが安心して売れますよね。

このように大きなリサイクルショップでも買取の裏事情を知ってしまうとなんだかいらないものでも売りたくなくなりました。

そこで自分自身でネットで売ってみることにしたのですが、なかなか買い手も見つからずに終わりました。

ブランド物の買取専門店について

買取専門サービスの類で一番ありがたいと思ったのがブランド物買取ですね。
これを利用する前には自室の押し入れにいくらかブランド物の品々があったのです。

それらは他人からの貰い物や自分で購入したのはいいもののあまり利用せずにオクラ入りにしたものまでありました。
一応友人知人などにもそうした不要なブランド品を譲ろうとしたりしたのですが、値段が高価なものなのか遠慮され、結局これらをそのまま処分することもできずに月日が流れました。

それである日友人と話している時に、こうしたブランド品があるというような話題になった時に知ったのが、ブランド買取サービスというものでした。

これは実店舗に行かずともネット上でその買取が可能らしく、こちらから梱包して送ればできるというのです。

これを知り早速ネット上でこのようなサービスを行っているサイトに行き、そこでブランド買取を専門に扱っていることから査定額も適正なものになるということも知り、即効で買取を依頼することにしました。

その後ブランド品をダンボールで梱包して送ったら、いい値段で買い取ってもらえるとのことだったので、それで長年処分に困っていた不要なブランド品を見事手放すことができました。

買取サービスの中でも個人的にこのブランド買取サービスの存在は非常にありがたかったです。

まめな人ほど得する

要品の買い取りといえば、手っ取り早いところでブックオフやハードオフなどがあり利用しています。しかし大した金額にならないのが実情です。
そもそも不要になるまで使いこんだものであったり、いつまでも使わずに家で眠らせておいた物などを売りに出すので、古ぼけ価値がなくなるぐらい劣化していたりします。
オークションを駆使している知人がいますが、常に新しい何かを購入して、新しい状態の内の転売しています。
新品で購入した商品でも、思ったものと違っていた場合や、さらにいいものが見つかった場合、早期に判断して売ります。
購入したもののほとんどを、使い込まずに手元に置かないのがポイントのようです。
こういったことが誰にでも出来るわけでは無いと思います。
オークションの落札者と取引をして、入金の確認、発送までを行うのは容易ではないように感じます。
手間を、億劫と思わず取り組める人ほど、不要品に価値を出すことが出来て、高値で買い取ってもらえるのだと思います。

不用品は買取に出すと便利

お中元・お歳暮で頂いたものや購入したものの使用していないもの、小さくなった子供服など、探してみると家の中には不用品がたくさん溜まっています。
このような新品や新品同然のものは、ごみとして処理してしまうのは抵抗があるものです。
まだ使えるのに勿体なと思って、ついついそのまま取っておくと、今度は場所を取ってしまい、片付けに邪魔な存在と化してしまいます。

うちでは一年に二回ほど、このような不用品を一度に処分しています。
処分といっても捨てているのではなく、不用品を買取している業者さんに買取ってもらうことにしています。
雑多なもの以外、たとえばブランド服や靴など需要の高いものに関しては、それぞれのブランドに強い買取業者さんを利用しています。買取を依頼する方法もどんどん便利になっていますので、忙しい方でも大丈夫。
依頼を完了すると、配送パックが送られてきますので、これに品物を詰め、あとは宅配便で発送するだけ、という手軽さです。
ブランド服などまだ新しく需要があるうちに買取ってもらうとお得です。

捨てるのは抵抗があるという方、買取ならばリサイクルという観点からも納得できるのではないでしょうか。

不要品買取初体験の思い出

不要品の処分に困ったことはありませんか?

私が初めて家電製品を買い取りに出したのは2年前です。
不要になったハードディスク付きDVDプレイヤーの処分を考えていました。まず浮かんだのは不燃ごみ。ハイハイしていた頃の小さい息子が散々DVDの出し入れ口をいじった挙句、出し入れ口の蓋も取れてしまっていたのですから、リサイクルなんてありえないと思っていたのです。

でも、近所のリサイクルショップにこんなチラシが貼ってあったんです。「どんな家電製品も引き取ります。壊れていてもOK」。近所ですからダメ元で持込みました。外箱なんてとうの昔に捨ててしまいましたから、ケーブルとリモコンも一緒に紙袋に入れてみました。

査定は200円でした!

ゴミだと思っていたら200円!なんと嬉しいことでしょう。
それから自宅の小さな家電類で使っていないものをかき集めました。
機種変更後の携帯電話、撮影できなくなったデジカメ、使わなくなった電子辞書、ルーターなどです。各々100円程度の値がつきました。

不要品ですから大した金額にはならないのですが、お友達とのランチ代にはなりました。
家が片付いてランチもできるのですからお得なものです。

今では、家電に限らず不要品は一旦リサイクルショップに持ち込むことにしています。